にぺす

    にぺす

     マウスをまた買い替えた。色々なマウスを転々しては一部レビューをしているのだが、また買い替えたのだ。というのもマウスレビューの帝王ロケジャン兄貴(勝手にそう呼んでる)が最近尽くマウスランキングを更新しているのだが今までの名だたるマウスを差し押さえ新たに一位に君臨したマウス。それが G PRO Wireless お値段2万円もするマウスだ。ひえ~

     ちなみにこのロケジャン兄貴。100近いマウスをガッツリレビューしてるデバイス界隈で有名なレビュアーさんなのだが、RIVAL600、Phantomなどで最近一位を更新してきた。実際に2つとも購入しているが確かに素晴らしいマウスで、各々に確固たる特徴がある。もちろんこのGPROもだ

     今記事はレビュー記事としてはまとめないが後に別記事でレビューする。こんなに高価なマウスをポンポン買い換えるのも売却という手段があるからだ。デバイス変えたい人は売却という選択肢を是非検討して欲しい。

     で、G PRO Wireless(長いからGPWっていうよ)の何がバケモノかってワイヤレス性能とセンサー性能と形状と軽さだよね。Phantomマウスは実測約70gという圧倒的な軽さを見せつけたが形状は正直癖がある。ケーブルは柔らかく癖はないが、ケーブルが存在する以上理論的には抵抗と自重が存在するので気になりはしないが干渉はしている。GPWは無線で80gめっちゃ軽い。無線なのにこの軽さ。形状も左右対称で本当に誰でも持てる形。持ち方も選ばないだろう。

     私にとってドンピシャのマウス形状はXtrify M1なのだが、コヤツは形状こそ完璧だがサイドボタンが遠めだったり軽いわけでっはなかったり、ケーブルが硬くて細かったりとは癖があるやつなのだが形状が使用者にドンピシャだと重さは感じないものだ。GPROは多くの人に高い点数を出させる形状に思う。クビレなどの曲線も控えめでどんな人でどんな持ち方でもイケるし手のサイズの成約もなさそうだ。そのうえで無線で、しかも80gなんだぜ?なんやこのバケモンは

    以前発売した実用レベル初の無線マウスということで注目を浴びたG903。こちらも2万超えのマウスだったが現在でも16000円ほどです。GPWは現在18000円。うんもう買っちまえって思って買っちまいました。これは捗る!なにがって軽くて無線ってだけでもバトロワ......まったくロジちゃんは商売上手やなぁ 掌で踊らされたが満足なのでヨシとする。だけど高いってとこだけがなぁ そこだけ無視すれば新たな非のないド定番になれるのに

    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply