ボルケーノ菊池

ボルケーノ菊池

友人がApex買うらしいのでXIM4いらないということで説明聞きがてらもらえることとなった、私も購入する云々の話もしているが欲しいならあげるということで 売ってもいいの?って聞いたところいいよって返答だったので後日売るが貰えた。

今はまだ記事数が少ないが今後は製品レビュー等も追加していきます。結構なデバイス関連あるのですが、デバイスは個人の相性、環境とのありますのでなんやかんや買って使うまでわからないんですよね。そんなわけでデバイスってのは買うのにも失敗なきように選ぶ面倒臭さがあるのですが

”不要なデバイスを売る”

という選択肢を是非観覧者の皆様に選べるように成ってもらいたい。ようは売却して次の資金源として循環させるわけだ。こちらもいずれ記事にいたしますが例えばPS4初期型をモンハンワールド発売日に売却して24000円で売れた(しかもディスク吐き出すことも明記してる)。そういう事が可能で、XIM4なんかも一時期2万チョイで購入できたが2万チョイで売却も可能だった。つまりは差額ほぼなしで使用できたりもする。実際は需要と供給のバランスでこんな美味しい取引ばかりでもないが、ホコリを被らせて最終的にゴミで出すくらいなら売却することをオススメします。売る側もWin買う側もWinであれば皆が幸せになれます。

そして前回の問い合わせ記事、途中で面倒くさくなったので問い合わせを終わらせましたが
現在認可されてるマウスとしてアサルトコマンダーがあります、これはシロのようですが。XIM4は強化デバイスもしくは非許諾品として規約抵触しうる可能性があるらしい。だがXIM4もアサルトやってることは一緒なので不正強化ツールにはならないんじゃないか?仮になったとしたらゲーミングヘッドセットやアンプ、モニターやアケコンなどのデバイスはどうなるのか?こちらも強化デバイスになるだろうがその線引きは何でなされるのか?許諾か非許諾での線引きならばそれこそ大量に使えない製品が増えるのでは?スカフコントローラーもグレーになるだろうがあれはプロシーンでも使用されてるデバイスだ(大会の場合は運営が明確に基準を決めてるのでスカフは使えるが)。そこらへんについて今度は聞いてみます。前回は夜に聞いたので次回は昼に聞いてみようかなと
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply