にぺす

    にぺす

     VKMというLMGがある。色んな意味で遅咲きのLMGなのだがキャンパー系の人にはなかなか強力な選択肢で是非使ってほしくない(使われると困る&増えすぎると試合が糞化する)

    まずここでVKMのスペックを確認しよう

    VKM

    3v9P8_20181022014255b99.jpg 

    全距離3発キル
    大口径2発動で全距離2発キル可能
    加えてラピファあり
    キルタイムは通常0.49 RF0.44 大口径0.33 
    そしてRF大口径2 0.29というバケモノ火力にまで昇華する。

     という感じでなかなか恐ろしい性能なのだが精度が悪い。反動を抑えても弾が思うように当たらないシーンを感じやすい印象で、TITANのような一点抜きも出来ない。そしてリロードがとんでもなく長く、取り回しの遅さも酷いもの。だが通常リロード5.22秒かかるがファストマグ使用で時間が半分になるという強力な効果がある。取り回しの遅さも火力でごまかせたり.....

     だが問題はその火力であるラピッドファイアがアンロックLv11 大口径2がLv12なのだが、それまで全距離3発(実際はカス当たりやボディアーマーなどで4発とか)当てなければならない。
    キルタイム0.49秒というのは基準として中々に遅く、更に4発となった場合はポンコツキルタイムで火力面では遠距離でしかごまかせない。精度の悪さも働き最速キルタイムは気まぐれでDMRやらのTRやTITANに射抜かれてしまうシーンもある。Lv11までこの中途半端火力で耐え忍ぶ苦行が続くのである。大口径1があるって思っても精度悪いから狙いづらくして仕方ない。

     だがアンロックを終えた先の火力アップ。

     ラピッドファイアはキルタイムの数値では劇的な高火力化は期待できてませんが、敵を確殺しやすくなります。RFの場合は当てる箇所を問いませんから元々悪い制度なので反動面でのデメリットをあまり感じること無く純粋に火力アップできます。連射が遅いことによる当て漏らしを連射を早くすることで軽減できる。これがかなり良い影響を及ぼします。Lv11から世界が変わる

     大口径2は胸から上のダメージを増幅させる効果で一発ダメージは素の状態で62、それを86ダメージに引き上げる。しかし精度の問題も相まって前に構えた腕にあたったりで2発キル成立は安定しないがボディアーマーや低威力になる部位で今まで逃げられてしまった敵を3発で倒しやすくなり、キルが安定します。ただコストが重い。これにRFを併用することで近距離~遠距離でかなりのプレッシャーを発揮できる。もちろん大口径2を2発発動させれば全距離2初キルなので非常に強力。

     運用において気をつけるのはやはり構える遅さとリロード。ファストマグでリロキャンすればかなり早くリロード出来るが隙は多く、機動戦は無理です。火力面にアタッチメントを振りたいとこですのでアタッチメント枠がカツカツになりがちで他が弱くなったりします。動きとしてはキャンパーが基本でしょう。その用途では最強の部類かと思います。


    【PS4】コール オブ デューティ ブラックオプス 4【CEROレーティング「Z」】
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-10-12)
    売り上げランキング: 1
    PlayStation Plus 12ヶ月利用権 - PS4
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-09-12)
    売り上げランキング: 193
    関連記事

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply