にぺす

    にぺす

     AJAX弱体化待ち宣言のためRDRをメインでやっていますがBO4の流れは見続けています。そんななか大きな変化はティックレートの変化でしょう。ティックレートというのはゲーム内の情報反映をどの程度の頻度で行うかというもの。今までは20Hzですが、これは低すぎでして一秒間に30回の更新速度となります。e-sportsの競技性を主とする環境の場合は60Hz欲しいところですから3倍のお粗末さなわけです。壁に隠れてから死ぬ、飛び出てくる敵に対して撃ち返しても負けやすいなどの現象が起こり、連射武器の被弾判定も狂ってくるという現象にもなります。

     現在アップデートにより段階的にティックレートの向上が進められています。発売直後に60Hzにしなかった理由としてはサーバーへの負荷管理とのこと。まぁわからんでもないですね。最初から60Hz耐えるサーバーを準備しとけって話にもなりますが、CODの場合は発売直後の人口が多すぎて、その後に”作品に合わない人”が投げる一定の割合でも人口の規模が凄いので負荷が大きく変わります。その一時的な人口に多大なコストを投じるのは運営側からすればよろしくありません。逆にそこらへんの負荷を一切調整しないのはUBIなんかですね。ディビジョンやウォッチドッグスなんか苦い思い出でしてマッチングしてからの切断が多すぎてゲーム自体が進行できない程の不安定さです。それ比べれば質を落として安定性を取るというのは理解できる話かと思います(ネガキャンで叩く人いますけど)。10or0で頻繁に0になってしまうか 4くらいで安定させ続けるか。BO4は後者で安定の道を選び様子を見て10に引き上げいくという感じです。

     
     全体的なバランスについては変更が発表されてますが段階的なものになりそうなので、アプデが来たらまとめて考察含め記事にします。現在はマルチプレイに対しての調整はまだ少ししか入ってません。先にブラックアウトとゾンビとティックレートの改善。来週にマルチのアプデが来るかと思います。


     AJAXクソすぎ問題ですが、既にブラックアウトでは9BANに調整が入っています。
    ・所持数減
    ・チャージ時間の増加
    ・起爆するまでの時間の増加

    ということで、マルチにして考え直すと予想される修正は
    ・回転率の低下
    ・チャージ時間増加
    ・起爆するまでの時間増加

     となるかと思います。おそらくこれは一段階目で、それでも足りないようならばブラックアウトの”強化”はわかりませんが、Tマスクの強化による相対的な弱体化を予想してます。私が思うにはこの段階での調整は使用者側からしたら”扱いやすさ減”という程度でAJAX自体は全然弱くはなってないため使われる側からすれば面倒臭さは変わってません。まぁ回転率をどの程度変更するかにもよりますが、9BANのぶっ壊れた効果軽減が出来ないうちはBO4あまり触りたくないのが個人的な思いです。
     使えばいいじゃんって話をする人もいそうですが、味方がピックしてしまった瞬間終わりっていうのがAJAXの問題でして自分の力でどうこうできるものではない、使われる際の射撃もダッシュも伏せも出来ず視角も奪われるというこのヤリスギ効果が殆ど軽減されないという対抗手段が成立してないのも問題です。Tマスクの存在価値が火炎とワイター耐性くらいしか息してないのが問題なのでTマスク強化と一段階目の9BAN弱体化で全体のメタ的にもちょうどいいように思えます。

     まだ暫くRDR2に籠もります。AJAXのアンチが成立するその日まで




    その他マルチの調整内容は以下の公式リンクを参考にどうぞ。

     マルチの部分を一部注目すると

    ・スレッシャー強化
     地形に依存した性能であるスレッシャーだが、スレッシャーの攻撃そのものが遅くて対処が間に合ってしまいやすいのを問題した火力と弾速の向上。ん~スレッシャーは存在感が凄いので抜け試合が加速するのですが元のままで十分強力。スレッシャーに対応しようとした人は数少ないと思いますが、その人達に焦点をあてた強化ですね。私もスレッシャーは2機ほど壊してますが度合いによるけどちょっと謎の調整です。なにより現状でも抜け試合加速するのに強化したら出した瞬間試合が決まるケース増えてしまう。あえてスレッシャー採用せずに程よい制圧効果の攻撃ヘリに落としている人もいるかと思いますが、この調整はその真逆。ちょっとよくわからない

    ・スナイパーヘリ強化
     連射速度上昇、効果時間延長。かなり気まぐれな性能のスナヘリですが気まぐれすぎたので妥当な調整でしょう。攻撃ヘリとの差がバランス取れてなかったので、今回の調整でどの程度の強化になるかはまだわかりませんが理解できる調整です。度合いによって定番化もありうるでしょう

    ・音響センサー弱体化
     検知範囲をわずかに縮小。ん~まぁ使わないからどっちでもいいけど多くの音響強すぎとの声があったんでしょう。おそらくLMGのキャンパー多すぎ問題も絡めての苦情かと思います。確かに便利な音響君だがデッサで強みがだいぶ殺されるギアですので距離が”わずか”に縮小であるなら大した影響はでないでしょう。おそらく定番のキャンプ場所を基準に僅かな距離調整入れたんじゃないかと思います。ただ、今回は”わずか”としていますが様子見かもしれません。今後の調整はありえます。個人的には使わなくなったギアなので採用率が下がればデッサ外せるし、仮に距離が強化されてもデッサあるから気にしないし割とどうでもいいと思ってる

    ・グリッチ修正
    グリッチ死すべし


    以上

    PlayStation Plus 12ヶ月利用権 - PS4
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-09-12)
    売り上げランキング: 236
    ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-09-15)
    売り上げランキング: 41
    FPS Freek Vortex - Playstation 4 [並行輸入品]
    KontrolFreek
    売り上げランキング: 6
    関連記事

    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply