にぺす

    にぺす

     大手レビューサイトでは非常に高得点を叩き出したレッドデッドリデンプション2(RDR2)。国内のユーザーレビューを見ると結構二極化しているようだ。

    好評の理由としては
    ・映像美 世界感の表現
    ・コンテンツの膨大さ
    ・ストーリーやキャラや会話、展開
    ・馬、動物、狩猟
     という感じで、このゲームの売りにしているところはキッチリ理解されてる御様子。私もここらへんは声を大にしてオススメできる。大変良作なのでこの部分の楽しみは多くの方に楽しんでもらいたい。他のゲームでいうとウィッチャーに話の楽しさは似ている。大人向けのゲームだ。

    逆に批評としては
    ・操作性 UIが悪い 不便
    ・おっさんおばさんばっか
    ・戦闘が楽しくない
    ・即札付き 名誉低下 息苦しいく窮屈
     という感じ。1つ目の操作性等々はこれは養護できない。GTA4から一切の改善が見られない。リアルを重視したから慣性バリバリに聞かせてノソノソ走り始めるし小回りが効かない。それだけならいいが隠れるのかい隠れないのかいどっちなんだい現象や、コマンド配置にセンスを感じられなかったり、アイテム仕様が分かりづらかったりなど”不親切極まる”。そう!不親切なのだ!!慣れてしまえばいいが、最近のゲームに慣れた状態からの操作面のタイムスリップはキツイ。慣れてしまえば不満は大分消えるが、それでもチョコチョコイライラする。好評部分を楽しめてる人は十分に相殺できるが楽しみを見いだせない人は投げても無理はない。そして苦行とされるエピソード1も事前情報がないとかったるいのも無理はない。本番EP2からだから耐えて!!

     おっさんおばさん?いや洋ゲーだから(今更感しかない)。一応若い女の子もいるし。主人公もおっさんだけどイケメンだぞ?元カノもアップにしなければ凄い美人じゃないですか!
     戦闘が楽しくない?そりゃあジャンル違いだ。残念だったね。エイムアシストと隠れるという流れに慣れれば進行上の戦闘で苦戦することはないです、そこに焦点をあててないので難易度の概念がないほどに簡単です(操作精度ではなく理解が重要)。エイムアシストオフは真のドMの道でしょう。


     さてさて

     問題は 速攻で懸賞金がかかってしまい、名誉の低下が怖くて金稼ぎもビクついて出来ず、売られる喧嘩や不意の事故で懸賞金は更にかかってビクビクしながら生活してるのがつまらない。

    すっげえわかる

     が、ゲームの理解である程度解決する。まずキーとなるのが拠点のダッチの家の付近にある”寄付箱”がある。中盤までは金品も金も全部寄付してしまえばいい。欲しいものを見越した場合のみ手元に金を残して、それ以外全て寄付してしまおう。懸賞金はかかりやすいが、警戒態勢を一時的にしのげば案外見つかっただけでまた追われるということはない。そして懸賞金は払う必要はなく、一定時間離れるなどの面倒も気にしなくていい。所持金0で自首すれば被害は0だ。ただ寄付金が溜まった状態で自首すると仲間が釈放金払っちゃうことがあるかもなので寄付金の使い意味がなくなった進行度では手元に持ってもいい。殺されても強制的に懸賞金支払うわけではないので気楽に行けばいい。序盤の金の管理がわからず金を大事にしている時期にワケもわからず懸賞金がかかるのは大変なストレスだ、だが寄付の存在を知ればストレスフリーになる。
     序盤は寄付に費やすほうがいいので手元に金を持つ意味がほぼない。使うとしても髪型と馬くらいだろう。最も優先すべき寄付はダッチの家のグレードアップ。早ければ早いほどいい。

     名誉については寄付するという行動で名誉が上がる。進行の過程で金品と金は手に入る機会はいくらでもあるので故意に重大な犯罪を犯しまくらなければ寄付による名誉上げでカバーして余る。名誉は金で買えるのだ。ここらへんを理解するだけで素晴らしくストレスフリーになる。とりあえず寄付の使いみちがなくなるまでは全て寄付でもいい。懸賞金と名誉にビクつく序盤は本当に息苦しく感じるが、この仕様を理解するだけでかなり解決できる。


    忘れてたが自首のやり方。相手に注目して△を押せと出るが、ビビるくらいうまくいかない。なので確実なやり方

    素手にする
    保安官にず~っと注目する
    保安官が苛ついてオラついてくる
    保安官がオコになったら△で待ってましたとばかりに降伏

    問題を起こしてからの降伏はうまくいきません。素手で降伏の準備万全の状態から降伏するために保安官を睨みつけてオラオラさせて速攻の降伏です。見事に顔面をトライされたら懸賞金は帳消し、晴れて自由の身です。ただし現実では通用しないのでRDRの中だけでやってください

    関連記事

    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply