ボルケーノ菊池

ボルケーノ菊池

XIM APEX でのCODWW2の設定を記載します。
基本的には照準感度設定となりますのでハイセンシやローセンシなど個人に最適な感度は異なります。今回は私自身の設定を書きますが、より快適な設定、より個人に適した設定は都度ご自身の感覚に合わせて調整してください。

CODのでのXIM操作は快適な部類ですね。微細なADS挙動確認は射撃演習場で、それが設定できたら最終調整はBOT戦で設定編集すると捗ります。

使用マウス DeathAdderELITE
XIMでの詳細な設定を可能にするならオススメはLogicoolのマウスです。理由としては高DPI、良センサー、マウスパッド較正、オンボードメモリを搭載してるからです。私がデスアダーを選んでる理由はDPIの上限(16000)が高いからですが、DPIのメモリがXIMだと適用されないため固定DPI5段階からの設定になります。DPIを含めて設定したい場合はLogicool等のマウスをおすすめします。Steel等の別メーカーでも使用自体は問題ないです。

設定DPI 16000
デスアダーの上限が16000の為。お持ちのマウスで最高のDPIの設定で大丈夫です。仮にDPI1400などでも問題ありません。記事で紹介するXIMのAim数値はDPIが16000に比べて低ければ低いほど値は高く設定するようになります。逆の場合は低くなります

ポーリングレート もしくは レポートレート 1000Hz
基本的には高いHz程 高精度で動きのキレが増しますので1000Hzを推奨します。操作感覚が変わる場合がありますので個人による設定かもしれませんが、今後の設定も1000Hzを前提に進めます。ここまでの流れで高DPI、高レートとなっているのでマウスの微細な動きでもエイムが震えてしまう減少やエイムの微細な調整でエイムが飛んでしまう現象も発生がありえます。その際は後述するバリスティックカーブの設定やデッドゾーンで調整します。その調整でもだめな場合、DPIと合わせてレートも変更してみてください。

PS4側ゲーム内の設定
6cf547_fb1e4ddb2bfc43299ed2f0fb1992651d_20180312114329929.png 
全ゲーム共通してですが感度は最大にします。理由としてはXIMというのはゲーム内の設定を弄る機械ではなくマウスの信号をコントローラーに誤魔化して使用するデバイスですので、元の最高速度以上の速度は出せないわけです。なので大きく視点を振る振り向きなどの動作でマウスを大きく降っても感度の上限が低ければ、その低い設定でしか振り向けません。全ゲーム共通してゲーム内感度は最高設定にします。
 エイムアシストですが、これは好みになります。APEXといえど変換器でしかないので瞬間的な操作などは精度はしっかり出ません。なのでエイムアシスト回転有効は選択肢としてアリです。アシスト遅延つまりは速度低下アシストですが無効を推奨しますが個人の感覚によるので実際に比べてみてください。

XIM側の設定
まずXIMの初期設定では詳細な設定が出来ないためGlobal Settingから設定
6cf547_fb1e4ddb2bfc43299ed2f0fb1992651d_20180312115725d2b.png 
画面中央のResponse Rate を1000Hzにします。そして画面下部の青いボタンFORCE GAMES DOWNLOADという上級者設定をダウンロードします。

Aim設定ですが私の場合はDPI16000でHip感度(腰だめ時)は38.0に設定してます。低DPIであればあるほどこの数値は高くなりますので個人のマウス設定で値は異なってきます。
6cf547_fb1e4ddb2bfc43299ed2f0fb1992651d_20180312120644a9d.png 
お次は中央のBALLISTICS EDITORの設定です。
^4CF417DE1B9DE8E00A600C20F6CCB8F2958E3A01F9D101C4FB^pimgpsh_fullsize_distr 
通称バリスティックカーブことバリステは横軸がマウスを実際に動かした移動量、縦軸がエイムの移動量となります。CODの場合は一番左の軸の数値が0、一番右の軸の数値が100となる無加速の直線初期設定でOKです。念の為確認法としては画像中央下部のCLEARを押すと初期になり、左から二番目の数値が2.0になります。照準の震え防止、エイムのストップ時の震え防止、エイム動かし初めのワープ対策としては、左から2番軸の数値を下げたり、左側を下げたような綺麗な曲線にして調整します。簡単な例で言えば左2番軸を1.9~1.0とかで調整します。それでも違和感や震えがある場合は更に下げて調整します。下げすぎるとクリアリング等の滑らかで一定の照準移動がしにくくなるので注意
6cf547_fb1e4ddb2bfc43299ed2f0fb1992651d_20180312122512eab.png 
Activationを展開してDelayを0にします。好みになりますがSmooth Aim Transitionも確認しておきましょう(ADSに切り替わる際の感度がスムーズに変更されていくか覗き込みをした瞬間即座に適応させるか)。スナイパーなどの高倍率でドラッグ操作を多用する場合は特に注目する設定となります。
あとはAim設定ですが上と同様の感度数値設定とバリスティックカーブですね。同様に設定を行ってください。ちなみに私はADSの場合は18.00 バリスティックは左2番軸1.9設定にしております。

以上が私の設定になります。


おまけとしてバリステ変更例
左2番軸を下げた場合。こちらの運用は好みでありえます
^4CF417DE1B9DE8E00A600C20F6CCB8F2958E3A01F9D101C4FB^pimgpsh_fullsize_distr 
極端に下げて曲線作った例がこちら。違和感を強く感じ改善したい場合
^4CF417DE1B9DE8E00A600C20F6CCB8F2958E3A01F9D101C4FB^pimgpsh_fullsize_distr 
こんな具合になりますが直線の形からズレるほど加速がつくので一定速度の照準移動が難しくなりリコイルコントロールにも悪影響が出ます違和感を感じない範囲で可能な限り無加速直線が本来理想です。ただ①のような設定はゲームによってかなり有効な選択です。加速を付ける場合バリステ設定が面倒な方はBoost値を上げていくという手もありです。
画像②の設定だと曲線後の直線の傾きが変わっているので最速までの照準移動も加速が発生いたします。エイムの動き始めだけ加速を入れて後は無加速にする場合は右1番軸を調整して直線部を初期直線と並行の傾きにします。それがこちらの状態になります。
^4CF417DE1B9DE8E00A600C20F6CCB8F2958E3A01F9D101C4FB^pimgpsh_fullsize_distr 
また、無加速でも違和感はないがマウス操作に不慣れで感度調整しても早すぎる場合は右1番軸を下げてからAim調整を行ったりしてみてください。




スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply