にぺす

    にぺす

     まぁ今更新しい技術ってわけでもなんでもないんですが、この素晴らしさを書いていこうと思います。ちなみに素晴らしいテクではあるんですが毎回使えばいいというものでもないです。そのうち講座記事でまとめ直しますがザクザク~っと書いていきます(書き終わってみて凄い文量になったのでガッツリ省いてます)。相変わらず読みやすさを考慮した構成ではないので頭脳を駆使して駄文を整理してください

     基本的に私は他者の講座動画ってのを全くもってアテにしてませんが、そんな捻くれた私でも今回わかりやすくまとまってると思った方がいたので著名な方だとは思いますが貼っておきます(RushGamingっていうCODのプロのストリーマーさん(全くプロ界隈知らないですが))。ちなみに私の記事は動画よりも掘り下げるので、動画の内容を理解出来てないと理解不能かと思います。経験者ならストレイフジャンプとかそこらへんの懐かしいワードを理解してれば言いたいことは全部わかるかと思います。

     ちなみに動画見なくても記事だけで補完できます


     そもそもジャンプうちってのは操作方法で言えばジャンプしながら構えて撃つって事になります。使用する目的としては主に3つ

    ①ジャンプした瞬間の移動速度を慣性で維持し、視点を自由に動かせる
    ②ダッシュジャンプならばダッシュの速度を維持したまま構えれるので初弾が速い
    ③相手から見てそれなりの速さで縦を含めた動きをするのでエイムさせにくい

     の3点になります。動画では②③について触れてました。①に関しては映像見れば当たり前のことですが理屈を理解することがゲームの仕様を理解することにもなるので全ジャンルのゲームで大事なことだと思ってます(別に理解が必須というわけじゃない)。

     で、更にそもそもの話になるのですが、ジャンプショットというのはCODシリーズでこそ活きる技術ですが多くのゲームでは全く有効でなかったり使い方が違ったりします。基本的にはジャンプ中に精度を維持できなかったり硬直が発生したりでマトモな攻撃手段としての運用が仕様の段階で厳しいからです。なので多くのゲームの場合ダッシュジャンプとして①の利点のみを目的に使用されることはあります。この動作と同時に攻撃することが有効なゲームは全体から見れば限られてるかと思います。

     話を戻して①ですが、詳しく言うとダッシュは前方にしか出来ない移動方法です。真横や後ろ方向にダッシュは出来ないのでダッシュの移動速度を求める場合、移動方向に視点を向かせた状態でないとダッシュできません。なのでダッシュ中は前方以外を見ることが出来ないのです(フリールックがあるゲームは可能)。ダッシュジャンプはダッシュの勢いのまま進行しつつ視点を好きな方向に向けたりエイムが出来るということです。CODの場合はそのまま撃つというのも有効になるので極めて強力な攻撃手段です。クリアリングや緊急的な回避行動などでも使用するので 攻撃 索敵 回避 という攻守において使える技術です。

     ②に関してはダッシュ中からの即射撃までにはタイムラグが有り、”ダッシュ解除”という行程を踏んでから射撃や構え動作になるので1テンポ行動が遅れます。しかしダッシュジャンプならば空中で構えながら行えばダッシュの速度で移動しつつ武器を構えることが出来ます。構えてさえいれば即射撃できるのでダッシュの移動速度のまま遅延無しで構え射撃が出来るというのが強みになります。BO4ではADSへの移行が遅い武器ではこの技術で機動性を賄います。しかしこれは交戦のタイミングを読んでの行動となるので使えば必ず有利というわけではなく、目的を持って使用する必要があります。強力だが使用にはリスクが伴うと理解してください。CODの場合はリターンが大きめで確保しやすくリスクが少なめなので比較的お手軽な技術になってます。リスクについては後述

     ③はジャンプによる上下の動きとダッシュの速度で横に動く斜めの動きになりますので、相手からすれば完全にエイムしきるには難易度の高い動きになります。また、被弾するにしてもヘッドラインなど高さをズラすので瞬殺されづらく被ダメージの少ない足などで受けたりするなどの効果もあります。ただ距離が開いてる場合は然程移動量は大きくないので効果が薄く、待たれてる場合でジャンプして処理できないと体を完全に晒してしまうので過信は禁物、使い所を理解する必要があります。


     ん~まぁこのダッシュジャンプがいかに便利かっていうのは何となくわかったかな~と思う。

     ではリスクの方だがそもそもジャンプすることによって画面が最も動くのはジャンプした本人なので精密射撃に向かない。つまり距離が開いてる状態で待たれてた場合には悪手であり基本的に負けの動作となる。それで撃ち勝ったら単なる相手のミスになります。高精度で決め撃ちできる判断とエイムがあれば使い所の幅は増えパフォーマンスが上がります。逆に何の見当もつけずにジャンプばっかりしてると隙だらけの状態で体を晒すだけの行為になります。基本的に近・近中距離で敵の存在を見越して使用するテク。

     当然だが体を晒した状態からダッシュジャンプし始めても空中で構え始める時間があるためタイムラグはある。なのでジャンプして空中にいる状態で敵と接敵してそのまま撃ち始めるというのが攻撃手段としての有効な条件になります。言い方を変えれば空中である程度照準を合わせる能力がないとCODでのジャンプ撃ちの強さを発揮できないので多用は避けたほうが良いです。単純にクリアリングのみでの使用と割り切ったほうがいいケースも多々あります。


    書くのが面倒くさくなってしまったので強引にまとめますが

     使用には敵の存在に見当をつける読み、空中移動中にエイムを合わせるエイム能力の2つがあることが前提になります。索敵ありきの使用となるので変なタイミングで使えば有効性もなかったりで使用はケースバイケースになります。が、BO4のジャンプ撃ちは他ゲーに比べても有用なので使えるようになると非常に便利です。不慣れな方はこの操作のためだけに操作を方法を調整する価値があります。是非挑戦してみてください


    関連記事

    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply