にぺす

    にぺす

     はい私ですね。スペック厨の私はシューティングでも武器はスペックで愛でる候補を決めます。理由は単純に性能で劣ってる武器→今の場面性能で負けてなければ勝っていた!!という思いをしたくないからです。強武器を使うことでの言い訳できる余地を減らすとか色々なことはあるんですけど、大きな理由はシンプルに性能負けが単純に嫌だということからです。私の場合は買い物にも反映されてて基本的にはフラグシップやハイエンドモデルばかり手を出します(これより上の機種はどうなるんだろう?っていうのが嫌だから)。ちなみにここの読者は金持ち層なのかコア層なのかアソシエイトでフラグシップチョイチョイ買われるので驚いてます。まぁ万人が読めれるブログではないので本当のライト勢は殆どいないと思いますが。

     スペック厨の考え方自体は悪くないと思います。効率的って言えば効率的ですしね。考え方の1つ程度に思っています。しかし今回スマブラSPに参戦したわけなんですが、格ゲー的なジャンルに手を出すのは学生の頃以来なんですよね。ジャンル初心者なわけです。そんな私は尚更玄人達のキャラ性能評価に猛烈にすがっている状態です。

     そんな時にプロゲーマーのレジェンドであるウメハラ選手の言葉や考え方がぶっ刺さったわけです。私がシューティング意識高い勢だった頃にウメハラ選手の本を2つ買っていたわけですがスマブラ発売のタイミングで本棚にあるのを見かけて読み直してますが、やはり格ゲーに触れてから読むと尚更面白いです。初心者ながらにキャラの考え方についてとか色々知ることが出来る読み物ですのでスマブラちょっとやりこんでみようかと思う人にはオススメです。

    ウメハラコラム 拳の巻 -闘神がキミに授ける対戦格闘ゲーム術-
    梅原大吾
    エンターブレイン
    売り上げランキング: 138,279

     この本はゲームを好きな人がそもそも前提となる内容なので、ゲームなんてと鼻で笑いたがる方や本当に娯楽としてしか見れなかったり、ゲームへのマイナス偏見を持つ方や考え方の幅が狭い方には価値を感じられないと正直思います。それくらいゲーム好きという前提あっての踏み込んだ内容です。ゲーム以外に通ずるというか哲学じみた内容につながる会話もありますがAmazonレビューが珍しく参考になります。ちなみに星1星2のレビューに関してはどう感じるかは人によります、確かに我の強さを感じる持論が多々あるので感じ方の個人差はかなり大きいと思いますが、まぁ読んでみて他人の意見や考え方を自分の中でどう扱うかなんて人によるし本にもよるから結局読むまでわからない難しいところです。

     元々アーケードゲーム専門誌のコラム企画をまとめた本ですのでコアな内容かと思います。その専門誌の読者から来る一般ピーポーの質問に答えていくもので、ラジオの会話をそのまま文章に起こしたような内容ですから読みやすくはないですが、生に近い声だと思うんです(それいいと思うかは人によるが)。


     私が読んでて神回と思った質問

    ”””
     (前略)ウメハラさんは ”自分が今やり込んでいる、もしくはやり込もうと思ってる格ゲー”で、キャラは早い段階で全員触っているのでしょうか?
     というのも、私は昨日あるゲームで知らないキャラ(使ったことがない)キャラに20連敗して、21戦目にしてやっと勝つことが出来たのです。満足感とともに集中力も切れたことから、ゲームを終えて家に帰ったんですが、その時ふと思ったのが 「20回も負けるくらいなら少しでもそのキャラの勉強をしてから闘ったほうがもう少し早く勝てたんじゃないか?」 ということ。そんな思いを突き詰めると、やり込む気があるゲームはさっさと全キャラを試してある程度練習したほうがいいのでは?と思ったのですがいかがでしょうか?そうならば新作ゲームは強キャラから順に触っていくというのは鉄板なのでしょうか?
    ”””

     というコラムにしては長く詳しい質問ですね。今の私の状況とも被るありがたい質問です。コレに対してウメハラ選手が答えていくのですが、このいろんなキャラを触ることでキャラ対策するという考え方への「良い点」「悪い点」について触れています。

     「良い点」への回答の一部を書くと、メインキャラを据える際にそのキャラの強み弱み特徴を知ることが出来る。ゲーム仕様とキャラの個性の区別の理解も進むことでキャラに縛られない汎用的な強さを身につけることに繋がるとも思うとのこと(全体像の把握みたいな)。うぅ~むディープな回答だなぁ
     「悪い点」への回答の一部を書くと、キャラの性能や有利不利、組み合わせに対してドライになってしまいキャラ性能をひっくり返す力、身につけようとする力がなくなるスタンスになりかねない。難題に対してキャラ性能で解決する考え方になってしまい実力が伸びない恐れがある。強い人はキャラと心中覚悟で攻略を作り込んでいく人が大半とのこと。なるほどなるほど

     こういった内容についてヅラヅラ書かれているのですが う~ん楽しいなぁ、自分もこういう内容のブログを作っていきたいなぁとは思ってるんですけどね。キャラを性能でしか見ていなかった自分に喝を入れてもらった気分です。ですけど私はスマブラの全体像を把握してないので色んなキャラ使いながら心中キャラを探してこうと思います(続くかはわからない)


     この本だけでなく、格ゲー界のプロの方々は色んな本を書かれています。上記の本は格ゲーが話題の前提になってますが、考え方などの啓発や哲学を主とする”勝ち続ける意志力”なんかはゲームが主題ではないので色んな人に読みやすい本かと思います。意識が高い時でも楽しいが、好きなことがあるけどモチベーションが定まらないときなんか特に楽しめる本かと思います。


    勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
    梅原 大吾
    小学館
    売り上げランキング: 63
    関連記事




    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply