にぺす

    にぺす

     2018年に私はAmazonで51件買い物をしました。例年に比べると少なめです。多い方だと桁が違うんでしょうけどね。今回は私が今年買った中で良かったと思えた一部を紹介していきます。全て実際に買ったもののみです

    ①ゲーミングヘッドセット Cloud アルファ


     以前紹介したコスパ爆発のヘッドセットです。ヘッドセットって大体が安物ですからまず装着性に難があるモノが大半なので装着性1つでかなりの製品が私としては眼中から外れます。Cloud αはミドルクラスのお値段ではあるものの肉厚で大きなパッドによりこの値段帯の中で優れた装着性を備えています。そして声を大にしていいたいのが音響設定の良さ、完全にゲーム向けにチューニングされており高温を増加させて低音を抑えるよう調整されてまして、プレイ時の環境音を小さくして足音や銃声などの効果音をピンポイントで拾ってくれます。特にPUBGやR6Sでは大きく効果を実感しました。CODはまぁコレじゃなくても足音ガンガン聞こえるんですけどやはりCloudアルファは環境音をクリアにしてくれるので元々定位もかなりいいので音源の場所がわかりやすいです。
     ヘッドセット自体かなりの種類がありますが、このヘッドセットのライバルとされるのはSteelのArctis5。コチラも良好な定位とのことですがパッドなどの差によりコチラを選んでます。プロの使用者もとても多く、サウンドカードなどによる強化で更に進化を発揮すると絶賛されてますね。
     ただしゲーム用に特化しすぎているので音楽鑑賞には不向き、本当にシューティング特化のデバイスです。そういった目的であればコスパがトップクラスと感じる製品です。


    ②ゲーミングマウス Razer DeathAdderELITE
      
     ド定番マウスですね。以前万人向けコスパ爆発の3マウスの1つとして紹介しました(あとG403とPAWN Ray)私が一番最初に買ったマウスはDeathAdder2013で、センサー変わった事による買い替えです。いろんなマウス触ってきましたが”とりあえずコレ”っていう感じです。
     エルゴノミックということで人間の手の形に合わせて形を調整してある感じのマウスですがDeatAdderは癖の少ないながら割と深めの曲線があるので実重量ほど重く感じないんですよ。なんやかんやこのマウスに戻ってきて落ち着く人も多いですし安定して評価の高いマウスですね。Razerの顔と言える製品でしょう。



    ③Steel Rival600

     人気メーカーSteelSeriesのフラグシップマウスです。デュアルセンサーという挑戦的な新しいセンサーと重量変更機能などを盛り込んだ高級マウス。深度センサーというマウスの浮き着地の際で発生するブレを極力減らすという新技術は確かに実感できる改善を見せました。Rivalシリーズだが新形状で持ちやすく高級感のあるマウスでした。


    ④Xtrfy M1

     上記とは違って少しマニアックなメーカーからになります。プロゲームチームのNinjaと協力してデバイスを作り上げている会社です。その中での目玉がこのマウスM1。個人的にかぶせ持ち推奨で、形が特徴でマウスのお尻がもっこりしてて親指の付け根にシッカリ当たって手首の動きで暴れずにホールドしてくれます。薬指と小指の座りがよく形状的なホールド感は個人的に一番強いと思います。しかし被せでここまでやると人を選ぶ方向にもなるので万人向けとしては紹介しませんでした。しかし形状面では一番好きなマウスです。


    ⑤BenQ G-SR

    BenQ ゲーミングマウスパッド Zowie G-SR 大サイズ/100%フルフラット仕上げ
    ベンキュージャパン (2016-09-30)
    売り上げランキング: 2,334
     最強にして最高のマウスパッド。多分これからもコレしか買わない。高いけどそれだけ満足してます。以上!


    ⑥マウスバンジー 

     カウガー自体は定番とはいい難いかもしれませんがマウスバンジーにおいては超定番。圧倒的バンジー自体の吸着固定力。軽量で小型ながら吸着力が強いのでまずズレない。吸着式なので吸着させる部材は問うかもしれない。それを除けばコスパがかなり良い。間違ってRazerのバンジー買うくらいなら全力でコッチを推します。モニターの裏に貼り付ける小技も出来るので配線スッキリ化も可。オススメです。


    ⑦無線マウス GPRO WL

     
     最高の無線マウスと言われてます。無線技術においてはLogiが他の追随を許さない圧倒的な実用性を実現してます。センサー自体はHEROセンサーという化物センサーで無線を抜きにしても最高級のセンサーです。形状は癖のない左右対称となってます。無線でも有線同等の遅延の無さ、そして無線機能を備えながらも82gという驚異的な軽さを実現してLEDつけた状態でも48時間バッテリーがもちます。他者の無線マウスを亡き者にする化物スペックマウス。フラグシップなので高価なマウスだが値段も落ち着いてきました。無線マウスで言うならHEROセンサー一択な現状です。




     以上になります。今年はマウスが多かったです。Amazon以外でもFianlマウスを買ったりしてます。18年でなければ椅子だったり机だったりで既に構築した状況からの18年の買い物ですので興味での購入になってます。なので少々冒険心ある高級品ばかりですがメルカリを始めたことで少ない資金を循環させて買い物してます。年末年始、ボーナスが入ったりお年玉だったりセールだったりで金を使いたくなる時期ですね。楽しく買い物出来たらなと思います。
    関連記事




    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply