にぺす

    にぺす

     年末年始なので購買意欲も高まったり、新しくゲーム機器手に入れたりでユーザーが増える時期ですね。2018年は色々ソフトが出ましたが個人的に年末年始に買うのに良いんじゃないかと思うソフトをダラダラ挙げていきます。発売日が2018年ということでなく、今遊べるソフトということで書いていきます(オンライン過疎すぎてダメとかは貼らない)。ちなみにフォートナイトは無料DLげーだから除外。PUBGなんやかんや流行らないと思うから除外。というか以下の5選は当分変わることがないと思う。ラストオブアス2と隻狼が食い込むかなぁ~という具合

    今回はオンラインでおすすめするゲーム

    ①大乱闘スマッシュブラザーズSP

    大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
    任天堂 (2018-12-07)
    売り上げランキング: 1

     ド定番です。まぁこのソフトはちょっとボリュームと認知度が反則なので挙げずに置けないソフトでしょう。ゲーム中でシューティングと同等以上に格ゲーはハードルが高いですが、多人数同時戦闘とアイテムやギミックのカジュアルさを追加して複数人でワイワイ遊べる気軽さからド定番のソフトですね。SPは今までのキャラクター全部乗せなので過去の好きなキャラを使える。映像の方も強化され不満のないものになりました。オフラインでもオンラインでも長く遊べるソフト、値下がりしないソフトでもありますからさっさと買って賑わってるお祭り状態に参加するのがいいとおもいます。ただガチで対人戦するとなると中々難しいゲームなので幅広いユーザーの期待に答えれると思います。
     注意としてはコントローラーを酷使するので長い目で見ればパフォーマンス込みでGCコンが良い選択肢かとお思います(プロコンは耐久力が低く寿命が短いそうで値段も高い)。GCコンを接続するアダプターですが品切れ状態になってますので購入の際は注意してください(到着日や性能に)。私の買った他メーカーアダプターを貼っておきます。非純正品ですが不満なく動作しております。




    ②Call of Duty BO4

    【PS4】コール オブ デューティ ブラックオプス 4【CEROレーティング「Z」】
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-10-12)
    売り上げランキング: 41

     発売から2ヶ月経ってますが、出来栄えがよく癖の少ない遊びやすい内容になっています。現在オーソドクスなシューティングをやりたいなら主力と言えるソフトかと思います。プロリーグの開催も決まってるので遊び込むのに適してますし、なんやかんや家庭用ゲーム機でのシューティングジャンルでは人口一番多いかと思うので長く遊べるソフトです。ジャンル初参戦でも癖が少なく、コンピューター対戦で練習の場も作れるので入門としてもオススメできます。BO4を否定する声もありますが、BO4を否定したら近年のクラシカルなカジュアルシューティングが全滅すると思う程度に無難に良く出来てますので心配しなくていいです。ただし競技的だったり協力的戦略的な要素をもっと重視するのであれば他の作品も選択肢になります。BO4の良さは受け口の広さですので幅広いプレイヤーが遊べる内容かと思います。コレ一本でマルチ対戦、バトロワ、ゾンビ(協力攻略)があります。今年を代表する一本に間違いないです。
     シューティングはコントローラーのスティックを酷使するのでスティックカバーはコントローラーの保護品として強くオススメします。スティックのゴムの寿命を確保しきれるので様々なアタッチメントがありますが、コントローラーの保護という意味でカバー類はあったほうがいいです。私の使用してるカバーを貼っておきますが400円でゴムを超長寿命化出来るので長期的に考えてお得です。私は発売日から同じコントローラーで保ってます。
    (PS4/PS3用) アナログスティックカバープラス (ブラック)
    コロンバスサークル (2015-06-03)
    売り上げランキング: 1,280





    ③R6S

    レインボーシックスシージ アドバンスエディション - PS4
    ユービーアイソフト株式会社 (2018-03-01)
    売り上げランキング: 312

     少し前のゲームですが戦略性や競技性を評価されジワジワとユーザーが拡大し、アップデートし続けられる内容から常に変化を楽しめるタクティカルなシューティングです。基本的には1つの建物をメインとしたマップでの屋内戦にフォーカスした内容で、爆弾ルールがメインですので一癖あるものですが、屋内戦にフォーカスしたことによりガジェットや破壊要素の利用などを駆使した戦略性の高いゲームになってます。
     シューティングの中でも覚える要素が多いのでハードルは高めですが家庭用ゲーム機では唯一無二の内容になってます。発売から4年目突入にして今記事のスマブラ、CODに次ぐ順番で挙げたことはそれほどに内容を評価しているということです。しかし難しいゲームなので私は不向きな感じでしたが、このゲームを楽しめるほどやりこんだらず~っとコレで遊べるなぁという印象があります。学生の頃にやってれば廃人の如くプレイしたかと思います。




    ④BattleField V

    Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4
    エレクトロニック・アーツ (2018-11-20)
    売り上げランキング: 72

     こちらは大規模な戦争をモチーフにしたシューティングゲームです。広大なマップに64人同時対戦という他にない大規模戦闘を楽しめるゲームです。BFシリーズは前作からリアルな雰囲気作りに焦点を当てた方針でゲームメイクしてきてまして、戦場の雰囲気を味わうという点においてはトップクラスかと思います。カジュアルなシミュレーションシューティングという印象もあります。
     評価としては上に書いた方針変更による歴代プレイヤーの賛否、発売後の追加要素を最初からつけろという文句による否定など内容以外の批判を多く受けてる作品ではあるので評価を見る際はご注意ください。スポーツライクなゲーム性はなくなってきてるので今までのシューティングとは戦略も違ってきます。映像や表現において技術力のあるメーカーですので雰囲気と迫力を味わうのによろしいソフト。大人数なので一人一人の責任が軽いので初心者でも気兼ねなく参戦出来るという良さもあります。



    ⑤Overwatch

    オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4
    スクウェア・エニックス (2016-05-24)
    売り上げランキング: 2,069

     コチラは紹介が難しいソフトなのですが、競技性が高いソフトになってます。キャラクターの性能をいかに引き出してチームとしてのパフォーマンスを最大まであげて競い合うゲーム内容です。タンク、アタッカー、ヒーラーという役割に分かれたキャラクター達が連携で勝ちを狙うゲームです。R6S同様に高い競技性からプロリーグもあり、やり込むに足るソフトです。
     また、面倒くさいレベル上げや何かしらのアンロックなどはなく課金による性能差がつくこともないし、キャラは続々と追加され、度重なるアップデートでゲームバランスの変化があったりと継続的なプレイに向いています。役割ゲーですので倒すことが貢献の前提となる多くのシューティングとは違いますのでキル行為に自信がなくても上達することが出来ます。操作精度を求めるキャラもいますが判断能力が最も重要視されるゲームですので操作面でのハードルは他のシューティングよりは低めになっています。それ故の難しさもありますが、そこが癖になる面白さがあります。こちらも少し前のゲームですが今年のホットなゲームに名を連ねるに足るソフトなので挙げさせてもらいました。
     本当に紹介が難しいソフトなのですが 一言で言えば”素晴らしいソフト”です(語彙力爆発)。ソフトは本当に素晴らしいです。


    関連記事




    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply