にぺす

    にぺす

    7_20180912155826f59.jpg 
    下部に動画でマウサー判断クイズあるよ

     本当にこの話題はね、無条件に盛り上がる話題なんですよね。私の意見としてはどっちでもどうでもいいですが、野良はグレー(現実問題として禁止しきれずに禁止できてないため黙認→まぁOK化してる)なわけですね。ハッキリ言ってこれ以上の進展は不可能なんですよね。だってハードレベルから対策しないと無理ですので。一時期フォートナイトで対策ツールの導入とか叫ばれましたが実際どうなんでしょうね。私はやってないのでわかりませんが、自称パッドの人もいまだ普通にプレイしてる様子を見ると不安定なツールなのかなと思っています。
     うん、まぁ正直ゲームに時間を割けない立場になってPCも持ってる身からすると論争化してるこの
    鎌倉時代から続いてる話題.....BO4でも相手が上手いだけでマウサー認定して叩いたり、マウサーがパッドですよ~と言ったりする。個人的にはどっちでもいいし、コンバーター使いたいならご自由に使えばいいと思ってます。反対意見の人もいるでしょうけどね。まぁ現状を見て個人個人好きな意見を持てばいいと思います。ただ明確に禁止してるコミュニティの場では規約を守りましょう。その話に限ってはモラルの問題です。

     ちなみに過去何度か公式に問い合わせた、おそらく現状日本で最もクソ面倒くさい顧客になったくらいにコンバーターについて問い合わせた私がまとめた記事が過去にあるのでどうぞ→リンク
    ちなみに結論は禁止されておらずグレー、コミュニティーに任せるとのこと

     で、今回少し言いたいのが

    実際に区別がついてるのかどうか

     私も一番ゲームやってた時にチートだのなんだのと誉め言葉を何度かいただいています(残念ながら最近は頂けてません やってないし)。多くの場所で見るこのマウサー判断なんですがハッキリ言って殆どの方区別ついてません。結論から言うと熟練者のマウス操作は特にBO4の場合判断が難しいです。逆に下手なマウサーはすぐに判断がつきます。

    ・マウサーは無限回転できない説
     普通に無限回転できると思う。だってパッド同時接続してるんだからパッドでスティック倒せばいいよね。BFとかそうじゃないと車両運転説明つかないからね。

    ・画面がプルプルしてる
     これはマウサー認定でOKです。ただしBO4はキャラクターの移動モーションで画面が揺れるため、その区別をしっかりしてください。ただし、重要なのは画面プルプルさせてるのは総じて下手なマウスプレイヤーです。これはコンバーター云々関係なく私がPCでマウスを触った最初の頃もそんな状態でした。
     理由としては”りきんでいる” ”不慣れである” ”適切な設定がわかっていない” の3つが主になる。コンバーターの場合はマウスのみの設定だけでなくゲームに合わせたコンバーターの設定と、コンバーターに合わせたゲーム設定もあるだろうから設定面がポンコツなで症状出てる人をBO4でちょくちょく見る。
     が、注意してほしいのが、この3点は慣れたプレイヤーは症状がでないということ。画面がプルプルしてるからマウサーというのは十中八九正解だが、画面がプルプルしてないからマウサーじゃないとはならない。「マウサー 特徴」で検索して出てきそうな症状だがプロのプレイヤーがプルプルしてるだろうか?私はそうは見えない。

    ・振り向きが速い
     信号がパッドのため、操作限界もゲーム内仕様の範囲内。よってダウト。これを主張してる人が多いけど勘違いです。むしろ最高速の安定はパッドが上。最高速を狙い続けると広大なマウスパッドとネガティブアクセルとの戦いになります。信号をパッドに変換してる変換機だからコンバーターなんですね。察しのいい方はわかるでしょう。わからない方はこれで判断出来たら苦労しないと思えばOKです。

    ・歩きの緩急
     判断材料にはなるが歩きボタンくらい設定できるだろう。というかパッドのスティックで操作する人もいるしプレイの癖にもよるのでこれで判断は無理と思っていい。


    ・細かいエイムや反転
     視線を常に動かすことで情報を常に得ようとするのはシューティング慣れてれば一緒。その際によく使うエイム反転はパッドでも行われる。ジト~っと動くか、クンックンッって動くかは個人の操作の癖次第で判断不可。ただしマウス特有の動きを見せれば判断材料にはできるが見分けはあまり簡単ではない。細かい精密なエイムはパッドでも熟練してれば可能。特にBO4の場合はアシストが強めのためエイム切り直し等で吸い付きに見えるようになるのでエイムの精度での判断は不可。あくまで挙動による判断になる。

    ・円や弧を描くエイム
     パッドのスティックで綺麗な弧を描く動作というのは極めて不自然。よってこの動作があればマウサー率は高い。実際にパッドで円を描いてみれわかるがスティックをぐるっと回しただけは円にはならない。そもそも弧を描くというのはスティック入力としては不自然で、多くが直線的に移動し折れるような方向変化を見せる。このエイムの軌道も個人差があるので判断しかねるが、弧のエイム動作が多すぎる、綺麗な円エイム、小さい円エイムはパッドで咄嗟に入力できるものじゃない挙動といえる。逆にマウスだとよく使われる動きなので材料として優秀。
     ただし、エイムアシストによる挙動変化もあるので安易な決めつけは禁物。また、アシストによるエイム難度の変化もあるのでゲーム内のエイムに慣れてるプレイヤーはそもそも円エイムする必要すらなくエイムを合わせるためこの症状がない場合があるため、画面プルプルと同程度の材料

    ・ネガティブアクセル
     マウスを振ることによってエイム移動を認識してるが所詮変換機なので限界を超えた速さで移動を認識させようとすると位置情報がバグる。ようはマウスでは本来一瞬の振り向きなのだがPS4では不可能な動きなわけで、その差により変換ミスが起きる。言葉にするとかなり難しいのだが不自然なガクガクした連続的な速度変化が起こる。エイムが一瞬で飛んだような変な急加速急停止の連続も同様。
     ただし、扱いに長けてれば症状を抑えれるだろう。PCでも昔の古い環境ではネガティブアクセルがあった。その際はマウスの設定を変更したり自身の操作に変更を加えたりで対応した。コンバーターの場合はコンバーターのネガティブアクセルを起こすが同様の対策がおそらく可能なため症状を防げるかは画面プルプル同様にプレイヤーによる。つまり上手くて対策されてると多分症状にでない

    ・エイム速度が一定じゃない 緩急がある
     これは確かに怪しいが、パッドでも高感度だと繊細なタッチが他よりもさらに必要なため目立って一定とは限らない。マウスを使ってる人だと僅かな癖で判断できるがそれでもかなりグレーな判定になる。つまりマウス未経験ならばこれで判断すると恥をかく。単純なエイム速度変化ではパッドとの判断の見分けはつかない。ただし瞬間的なネガティブアクセルはコンバーターの弊害なのでそれによる判断はできる

    ・スナイパーうますぎ
     これで判断はできない。変換機である以上精度は不安定なため、アシストを切られるとパッドとイーブンになり、精度が悪い分安定感が単純に落ちる。よって砂の運用での判断は一切できない。


    とまぁ一通り書きましたがここで面白い他者の動画を貼ります


    こちらはマウスコンバーター”XIMAPEX”を使用して設定を煮詰めパッドの動きを意識した操作だそうです。つまりパッドの動きを意識したマウサーですね。これはかなり良い動画です。ハッキリ言って殆どわかりません。私が遭遇したら試合中ではまぁ判断つかないでしょう。上の症状で出ているのはたった数回の一瞬のネガティブアクセルです。皆さん判断つきますか?
     ちなみに55秒から約20秒間程度の動きで判断したアナタ。ここで判断したとなると多くのパッドプレイヤーをマウサー認定できてしまいますので注意。1分53秒からのキルラッシュも同様にパッドでは難しいのは変わりないですが高感度設定ならば可能です。これでマウサー認定してもいけません。露骨なネガティブアクセルの瞬間は別であります。

    答えは↓↓↓白文字で見えなくしてます
     PCの方はドラッグして反転してください。
     スマホの方は白文字コピペしてください。
    ↓↓↓
    1分20秒から再生して1秒間の間でガクつきが一瞬見られます。これがネガティブアクセルです。「仕留めたゾォ♂」の♂のタイミングですね。
    ↑↑↑
     これ以外には何度見返してもマウサーと断定できる操作はないかと思います。メリハリあるエイム動作やエイム即反転や小刻みの段階的な移動は怪しく思うかもしれませんがパッドでも可能な範囲になります。見返してみて断定できるシーンは上記の白文字以外はないかと思います(ちょくちょく弱めのネガティブアクセルを起こしてるが、これで断定すると全員マウサーに見えるだろう)。ちなみに画面プルプルもちょくちょく見受けられますが、観察してる感じこれはもっと抑えられる感じかなと思います。

     私がこの動画で言いたいのは設定と意識と腕があればいくらでもごまかせるということ。私もかなり多くの実力者の動画を見ました。それはマウサーも含めて見比べています。それらを見てまとめると

    ・上手いマウサー
     上手いほど特有の症状を抑えられ判断が難しくなり、今回の動画のように1試合など見通して頑張って粗探しをする必要がある程度にまでなります。ハッキリ言ってシアターの信頼性や手間を考えて判断するのは現実的ではありません。そのくらい特有の症状がなくなり判断が難しくなる。

    ・上手いパッド
     マウサーが上手いと症状は消えていくため隠れて行ってしまうのだが、問題をややこしくしてるのは上手いパッドの人。この人たちの繊細なエイム動作やアシストの駆使などにより”パッドでも可能な動き”の限界値が印象としてあがっている。印象ということで理論的な極論ではない。「実際にこんな動きをパッドでしてる人がいるので、今の動きでマウサー判定はできない」というケースになる。動画はまさしくそんな感じで、マウサーでなければ不可能な動きというのは弧を描くか露骨なネガティブアクセルくらいになる。それ以外はパッドでもできてしまうという判断が出来てしまうので動画のように断定シーンは例の部分だけになっている

    ・下手なマウサー
     一発でわかる。以上

    ・下手なパッド
     知らんがな


     ここまでの長文を読んでいただきお疲れさまでした。結果として判断するのってマウサーのボロを粗探しするしかないじゃんと思った方!!正解です。その通りです。安易に判断できるのは下手なマウサーが露骨に症状を出した時だけ。ハッキリ言って露骨でないときはイチイチ疑わず諦めた方がいいです。ばかばかしくないですか?この精度で症状隠せてしまうのですから見分けなんて露骨な人以外時間の無駄なわけです。逆に疑い始めた人をパッドと判断する基準はないわけだがどうするんだろうか?ここが非常に重要で、疑いを晴らす方法というのはかなり限られます。問題に過敏になりすぎてる傾向にありますが、この状態のため自体が進行するというのはツールの導入以外にありえないわけです。

    なんやかんやマウスの経験かマウサー経験がない限りは判断しない方がいいって言えるくらい細かい違いです。もしくは見比べることを努力する必要があります。個人の癖の奥にある挙動特有の癖を見抜く必要があるし、個人の癖全開ならばなおのことわかりづらくなります。

    ということでお疲れさまでした。最後にコンバーターのリンク貼っておきますね?(圧倒的下衆行為)。マウサーガーマウサーガー五月蠅いフレンドさんいたら教えてあげてください


    関連記事




    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply