にぺす

    にぺす

     ちょくちょくアマゾンリンク貼ってますが、その中でも買われ製品に偏りがあります。しっかりと統計はとっておりませんが、大雑把にTOP5が体感として固まってきたので報告いたします。私からの紹介というよりも単純にこのブログ内のリンクから買われているものランキングですので、世間の需要の高さによる部分も大きいかと思います。また、本来の需要としてはモニターの類も入っていいのですが、買い替えの少ない機材はやはり買われる件数が少ないということで今記事では紹介されませんが、そこらへん考慮しつつ見て楽しんでもらえたらと思います。あくまでブログ内の売り上げTOPという感じ

    1.ゲーミングマウスパッド Zowie G-SR

    IMG_2217_201901222211331c3.jpg 

     私が再三オススメしてるというか、個人的に最も好きなマウスパッドです。このマウスパッドの特徴としては経験した中で最もストッピング効果が優れながらも引っかかりが生じない点です。プロの愛用者も多く、多くのマウスに対応する個人的にはコストを度外視すればいまだにこのパッドを超えるモノには出会ってません。滑りやすさを最重要視する方には特段オススメとは言い切れませんが、ストッピング重視や滑りを抑えたい方にはかなりオススメできるパッドです。
     ネックなのは値段のみ。5000円ということでパッドとしては破格の高額製品となりますので買いづらさはありますが、質感の良さ、ストッピングの精度、引っかからずシットリとした滑り具合を強く体感できる唯一のパッドと認識しています
     ブログ内容が少々ローカル路線ですので、私のブログを見る方の大半はそこそこ検索しなれてるような方で、それなりの投資意欲だったり、自身の意見を持ってる方が多い印象ですので私のブログの影響というより、自身の中で元々気になってたり買うと決めてたところでなんとなく私のブログを通過したというのが私の見解ですが、私の大好きなG-SRたんはやっぱり評価されているんだと再確認できてうれしい限りです。

    BenQ ゲーミングマウスパッド Zowie G-SR 大サイズ/100%フルフラット仕上げ
    ベンキュージャパン (2016-09-30)
    売り上げランキング: 1,867





    2.ゲーミングヘッドセット Astro A40 set

    IMG_2217_2019012222231133c.jpg 

     家庭用ゲーム機の往年の定番フラグシップヘッドセットですね。製品自体は新しくないので値引き率も高くなってまして、昨年9月に国内でも正式展開してロジの傘下に入ったことで話題性もあり買いやすくなりました。特に音声統合と音声調整をするMixAmpの評価がとても高く便利と評判ですね。ヘッドセットそのものの性能に関しても悪くはないのですがAmpとセットで買うとヘッドセットが半額になるという計算なんですよね。そのまま使うもよし、別のヘッドセットに変えるもよしという今後の選択肢を強化するデバイスともなっています。
     大手の配信者が使用し良い評価している。昔からのブランドとして人気があるという点が大きく影響しているかと思います。なによりMixAmpとのセットの買いやすさでしょうか?確かにヘッドセットは悩もうと思えばいくらでも悩むことができるデバイスですので、その中でもA40setは買いやすさという面ではかなり優れてるでしょう。まぁお値段やすくはないんですけど、セットによる大きな割引効果とブランドとしての信頼性が生んだ結果でしょうか。記事で取り上げた回数は少ないですが人気があります。








    3.ゲーミングヘッドセット HyperX Cloud alpha

    IMG_2217_201901222253508b4.jpg 

     私が何度か紹介している、ゲーム運用のコスパにおいては最強の一角とするヘッドセットです。私と似たような持論バリバリの個人ブログでも多く取り上げられ高く評価されてる製品で、大手の4gamerさんでも高評価として紹介されてますね。最前線のプロの採用率も高いのでパフォーマンスを重視する際には間違いのない製品で、かつ値段が安いというコスパ爆発の一品なわけです。
     とは言ったものの過去に紹介するように音はゲーム運用に特化されてまして、音の鑑賞という面では個人的に不向きと判断できるほどゲームに特化したチューニングがなされています。それゆえのゲームにおいては優秀な環境を実現できるという感じです。
     音の性質としては”高音強、低音弱”という傾向でして、環境音や反響音など情報源としては不要な音をカットするような調整、低音は音の迫力をブーストし音に厚みを与えますのである程度は鑑賞面で必要なのですがゲームプレイ重視においては無駄な味付けであって、定位の精度を損ねる要素になります。そういった要素を排除した調整がなされているのですが、この製品の聞き分けのしやすさと優れた定位はイコライザーで”高音強、低音弱”にするだけでは実現はできません。
     50mm径のスピーカードライバーを いわゆるデュアルチャンバー構造の複雑なハウジングで囲い、左右ハウジング上部にそれぞれ5つずつある空気孔が低域を増強するためのバスレフポートの役割を果たすという構造的な要素によって実現するバランスなのかとおもいます。
     え?何言ってるかわからない?大丈夫私もしっかり把握していない。4gamerさんで詳しく記述してあるので読むと理解しやすいです。実際に使用してみてそれらの聞こえ方がやや特殊で、実感できるレベルでゲームにおいて優秀な環境を実現している。じゃなければこんなに私もこんなに評価しない。また私がうるさく言っている付け心地だが、パッドが大きく厚いため値段に対してその点も優秀。実用レベルに足してない装着性のメーカーも多々あるのでこれは大きい。
     まぁ問題とするならば、見た目や値段やクラスとしての特別感のなさと地味さだろう。A40と比べた際の圧倒的な地味さ。値段の安さから大丈夫なのか?という不安感さえある(私はフラグシップ大好き人間なのでそう思った)。しかしまぁ調べれば調べるほど絶賛されてるし、サウンドカードとの併用による拡張性と生の使用者の声を聴いて購入に踏み切り、コスパ面で最強と言える製品と評価したわけです。地味だけど特化してるすごい製品というわけです。上位機種でもいいんですけどね、同じ音の傾向かは不明なのでアルファのみ紹介してます。この地味さながらシッカリ人気があるあたりすごいなと。他の製品と比較して値引き率も低く人気を物語ってると思います。競合としてはarctis5 g433あたりが優秀な候補なのですが一歩リードしてる印象を受けます。地味さにおいては二歩三歩リードしてるでしょうね。
     Astroはあくまで家庭用ゲーム機での高評価機種であってPCというカスタマイズ幅とポテンシャルを引き出すハードとなると評価はされてませんが、Cloud alphaはPCでの運用を見越せる製品になってます。


    以上3点が目立って好評ですね。他には
     マウスのM1
     ヘッドセットGSP600
     マウスパッドArtisan 
     マウコンXIMApex
     マウスRival600
    もチラホラ売れています。今回は目立って人気のある製品に絞りました。

    今月東京に旅行に行ってきまして、その際にゲーミングデバイスもチラホラ触ったので中々いい製品にも出会えました。近々人気記事をアップデートし、ジャンルによっては新規記事でまとめます。


    関連記事




    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply