ボルケーノ菊池

ボルケーノ菊池

家庭用ゲーム機でマウスを使用することは 邪 という流れがあります。それに関しての判断や見解は各々の自由で構わないかと思います。ただソニーは禁止”は”してないという点だけ認知して欲しいです。ただ使ってほしくない気持ちもわかりますし嫌いになる気持ちなどは自由かと思います。

で、私は今まで約7年間くらいかな?パッドでシューティングやってきました。BF3~1までの4作で言えばKD、SPM、SKILL、KPMはすべて上位1%以内にいます。他のシューティングではCODを始め、キルゾーンやデスティニーやメタルギアなど別のシューティングでも平均よりは高く出せてますのでパッドだからマウスに勝てなくて当然というのはないように思えます(PCなら別ですが)。というよりその発想に至ってるなら”導入すれば勝てる”と結論づけてるわけですから買えばいいと思うんですよね。まぁ何かと理由をつけて反発する方多いのですが

実際にその考え方の流れとして じゃあ導入してみようって流れも当然あるわけです。ゲーミングヘッドセットを買う、モニターを買う、スティックのカバーを買う。それらの購入と動機は一緒ですので延長線の製品ですので、公式が本腰を入れて対策をしない限り使用者増加を止める術も理由も正直ありません。何が正しいとかというよりそれが現実の現状なのでコッソリマウサーを非常に多いです。少なくともPS4の時点では例えばXIMだとHORI製の製品として認識されます。コンバーターはパッドと接続してマウスなどの信号をパッドの信号として送ってますので検知ができません。よって対策も出来ません。人間の判断で行うか公式が今から頑張るかになります。ちなみに公式が頑張っても公式に得はありません。金をかけても得がないのに対策をするかという状態なわけですが運営の気持ちになれば私は対策しませんね。実際に公式に問い合わせしてもオペレーターによって回答はブレブレです(過去記事にあります)。

本題:マウサーは多いのか?
どのくらいを多いとするかはアレですが、コッソリマウサーを含め国内外かなり多いです。XIMを手に入れてからTwitterのサーチで関連ワードをモニターしてますが、結構ホットなワードです。アンチマウサーとして声高に呟く人もコッソリプレゼント企画に応募してたり会話があったり、メルカリでもAPEX販売のタイミングで大量のコンバーターが出回り、大量に売れました。つまり売り手側は勿論マウサーですし、それを即座にさばけるわけですから買い手もマウサーがほとんどでしょう(旧型を高値で転売屋が掴むことはない)。関連の動画や記事も見てますが反響があります。コンバーター関連ソコソコ知ってないとAPEX発売直後からこれらのアクションはないでしょう。実際のプレイを見ても分かる場合ありますが多少効率を求めてくると財布の問題だけです。アメリカアマゾンで買えば2万円しません(ただ敷居が少し高くなって面倒ですよね)。公式のパッド2~3個分の値段で買えたりしますのでヘッドセットやモニターと変わらない感覚の周辺機器になってきてます。ただ言えるのが、導入しても下手なままの人が多いので案外目立たないってのはあります。実際はかなり多くなってますし明らかに増加してってます。2万程度でサクッと買って導入できるので流れが変わるのはまぁ難しいでしょう。またPCの場合はチートの多さも際立って来てますのでPCからソフトによっては戻る人もいます。


本題2:マウサーの判断
よくマウサー認定で叩く人がいるのですが、それ自体は自由ですので好きにすればいいのですがパッドでも強ければマウサー認定する人が多々います。見てるコッチが恥ずかしくなります。
・無限回転できない←マウスつないでもパッドは活きてます
・リココンが綺麗←技量の問題
・エイムが綺麗←アシストの関連もあるし技量次第
・操作が早い←パッドの限界速と同じ
↑これ全部マウサー関係ありません。理由も上記のとおりです。フォートナイトの場合に限りマウサーと言ってもコンバーターを介するか介さないかの場合があるので少し変わってきます。

マウサーとパッドとの違い
・エイムの方向変換が早すぎる、多すぎる
照準を右に動かしてる最中に急に方向転換する、パッドならスティックの戻り分だったり中間の入力で反転に減速を含んだり方向変換が滑らかな変わり方をします。陰毛のようなフニャフニャした軌道のエイムも不慣れな方は症状に出ます。照準の震えもパッドでは起こりえない症状なのでマウスです。ただ最適な設定にすると震えというのは本人の手が震えてない限り一切起こりません。

・円エイム
パッドで対象に向かってエイムする際は直線で照準を移動させてエイムします。基本的にスティックを回す操作はしませんよね?マウスの場合はエイムがズレた際に弧を描いて修正する場合があります。上の方向変換の話に近いですがマウスならではの弧を描く動き、これはパッドでは

この2点はなかなか消せないマウサーの特徴となります。ただ、エイムを完璧に仕上げてくると直線移動でのピンポイントストップでエイム合わせるので極論で言えば症状は消えますが、殆どはこの2点で判別がつきます。他にもありますがこの2点は最も消えにくい特徴かと思います。ただ、上でも書きましたがフォートナイトの観戦のような大雑把なプレイ観賞では判別不可です。安易にマウサー認定する方いますが、あまりモノを知らない方が多いのでシッカリ判断してから指摘するようにするといいかと思います。

正直判断は不慣れな方はともかく、馴染んだ人だとドンドン特徴が消えます(単に上手なプレイとなって見分ける要素がなくなる)。手軽さ、優位性、禁止”は”されてない、なんやかんや判断できる人が少ない、口論のみヒートアップしてて現実問題知らない人が多い。これらからマウサーの増加は止まりそうにありません。カジュアルに遊んでる方でもオフラインイベントに出る予定がないのなら手軽に手が出せる状態です。


スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply