にぺす

にぺす

モンスターハンターワールド発売直前ではありますが、新たにPS4を購入する方、もしくは買い換える方に向けてProを検討している場合の参考に

5e240488.jpg 

PS4Proにてモンスターハンターワールドを起動すると
①解像度優先
②フレームレート優先
③グラフィック優先
の3つから映像を選べるようになります。

①は解像度を4Kします。解像度が上がることによって映像のキメがより細かくなるわけですから映像全体がとても鮮明に映ります。通常の解像度では大画面使用時に映像が滲んだり霞んだり輪郭がぼやけたりしてしまうのですが、それらを鮮明に表現します。
②は動画としてのコマ数を優先する設定です。通常のモンスターハンターワールドでは一秒間30コマ付近以下の出力ですが体験版でフレームレートを優先化すると60fps近くでます。それがどういう影響を与えるかというと映像の動きがなめらかになって動きの視認性が大きく向上します。これにより操作する感覚も改善されます。
③影や光源の処理、草などの量や表現を高品質なものに変え、高画質化というより表示する量や処理をグレードアップさせるといった感じ。


それぞれ実際にどうなのか?

 まず③に関しては体験版の範囲ではあるが殆ど違いがないというか他の選択肢と比べて変化がなさすぎます。基本的に①も②も理由があって選ばない場合に選ぶ消去法による選択肢でしょう。アップデートに期待するか、効果の出やすいマップやモンスターの登場にかけると言った具合が現状かと思います。大画面でもなくフレームも出さなくて言い方はこれでもいいでしょう。
 映像美で言うならば完全に①、4Kということで映像が鮮明になりモノの質感まで表現されるようになります。通常とはかなりの差がでますが問題としては4Kの実力を活かしきるのには大画面である必要があるためどんなに小さくても40インチは最低ラインかと思います(テスト環境は49インチ)。通常の映像表示に不満がでるレベルで差がある4Kですが、画面が小さければ通常の解像度でも十分表示されてしまうので4Kにする恩恵があまりありません。大画面でも鮮明に映し出す映像美を実現するのが4Kですので、大画面環境でないのならコチラにProのスペックを割くには割に合わないです。①の実力を活かしきるには大画面かつ4Kという高いハードルがあるので、それをクリアした方にはリッチな体験が可能です。(HDR対応だと尚良し)
 ②は大画面でない場合は現状一択となる選択肢でしょう。①の場合はフレーム30~20程度、③の場合は45程度、②の場合は50~60程度という具合です。フレームが上がることで通常や他設定では表示されなかった映像まで表示することで滑らかな映像となり、敵やカメラの動きも見やすくなりますし、プレイヤーの動きが見やすいことで操作感も向上します。自身のパフォーマンスも上がるかと思うのでガチなプレイヤーもコレがいいかと思います。しかしまぁモンスターハンターは基本的に対AIですし内容的にもフレームレートは重要視する必要性自体はないので、この設定でないからといって不利になるわけでもありません。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply