にぺす

にぺす

※マウスは個人の手や環境等々で最適なマウスが異なり、手の形が違うのと同様に握り方や設定等も十人十色です。この記事のレビューは100%主観です。

6cf547_fb1e4ddb2bfc43299ed2f0fb1992651d_20180714135647606.jpg 
 DeathAdderELITE

 遂にこのマウスをレビューする時がきたか、と私の中で勝手に思っております。マウスの中で万人向けの形状、充実した性能、対するコストのバランスがとても良くまとまってるマウスです。マウスを持ってない、迷ってる方にまずオススメされる一角であろう存在。それがDeathAdderです(以下DA)。現時点まででRIVAL600、XtM1、EC2Bをレビューしてきましたがこれらは懸念点を持った上でコストが高いという、マウスを比較して自分にとっての最上のマウスを探してく人にオススメできるものでしたが、DAはとりあえず真っ先にオススメされる万能マウスです。最初の一本にも相応しいと思います。個人的な万人向けコスパ爆発マウス3選がありましてDA、PAWN、G403(703)の一つです。

 DAシリーズはChroma,2013,2015,essentialといくつかありますがELITEが最上の機種でしてセンサー等も最上のモノになってます。形状に変わりはありませんがパーツが異なるので他の選択肢は基本的には劣ったものになるので財布との相談だけになります。しかしELITE自身も定価税込大体8400円程度から実売6600円程度にまでに現在下がって価格も落ち着いてます。DAシリーズを選ぶとしてコスパが図抜けてるのでELITEを推奨しますが財布が厳しい場合には廉価版であるEssentialが視野に入ります。ソールの拘りがある方のみ旧版が選択肢に入るかと思います。


IMG_1769[1] IMG_1768[1]
 マウスのレビュー数件してきましたが真横よりも、側面がしっかり見える角度での斜め撮りがわかりやすいですね。使わないマウスは資金循環のために売り払うので出来ないマウスもありますので申し訳ない。
 商材の真上画像ではわかりにくいですが天板と側面の繋ぎ目ラインの形状が違いますね。多くのエルゴノミクスマウスと同様に右手の親指側が大きくなだらかにくびれて、右側になる薬指付近がくびれて手前にいくしたがって膨らんでいくという形状ですがDAは大きくなだらかな曲線を描いています。ましたのソールを画像を見てみますとよくわかります。
6cf547_fb1e4ddb2bfc43299ed2f0fb1992651d_2018071414320344f.jpg IMG_1770[1]
 側面の曲線がなだらかである程クセがなくなるように思えます。故に持ち方、手の大きさをの許容が広く万人に支持されてるように思えます。DAは比較的サイズが大きく重量も実際測ってみて98gくらいと軽くはない。ですが何年も何年も形状自体は変更しないように、大きさと絶妙な良形状から数字上の重量よりも軽く感じるので手が小さくても大きくても苦にならない不思議マウス
 持ち方は全てで運用可能だと思いますが 被せ持ち 掴み持ち の方が適正に思う本体がおおきめであることと実重量の影響を摘み持ちだと受けてしまうように思うので、自身が摘み持ちと確定しているのなら他のマウスの方がいいかと思う。ですが、まだ持ち方が完全に定まってない方は自分の持ち方を探っていけるマウスとも言えると思います(それ程クセがない)。

 ソールは大きいモノになり滑りにくいマウスになった。自身の感覚に合わせてパッドを選択してくと幸せになれる。滑らせたくなかったらG-SR、QCKHeavy、Artisan零、少し滑らせたいならArtisan飛燕あたりは使いやすかった(自分の所持パッド)。センサーはメーカー(Razer)のカスタム品5G OPTICAL SENSORというもの、未公表なのでハッキリとはわからないが3360のカスタム品とかなんとか。実際使ってみて一切の不満はないです。またドライバーはマウスパッド校正があるので手持ちのパッドに合わせて調整出来る。

触ってみての感触を箇条で
・表面はプラスチックの細かいサラサラしたような処理(細かい梨地)
・プレイしてて汗にも強く滑りにくいため持ちやすい
・サイドについてるグリップでホールドしやすくブレにくい
・重量とサイズもあって安定感ある振りがしやすい
・この上なく軽いんじゃないかと思うクリック感で反応しやすい
・ホイールもとても軽やかで作りがしっかりしてる
・コスパ良き
※クリック感とホイールの軽さは利点だが好みによる
※サイズと重量感は握るとデメリットを感じずに恩恵を感じるが摘み持ちは例外に感じる
※普通の用途ではあまり関係ないがオンボードメモリではない

総評

「とりあえずコレ買っとけよ、好みのマウスはそれから探せばいいし結局コレでもいい」っていう感じの機能、形状、コスト面全てにおいて死角がない。ただ軽やかな感触においては好みを分ける部分ではあると思うし、摘み持ちの人には別の選択肢がいいように思う。クセがないぶん自分の手の形状に超絶ドンピシャ感も感じにくいかもしれない(それを探してく人は旅をするしかないが)。日本では特に人気のマウスなので基準の一つになってるマウス。納得できるマウスです。強い

ARTISAN 零 XSOFT L ブラック ZR-XS-BK-L
ARTISAN (2015-06-10)
売り上げランキング: 6,398

ARTISAN 飛燕 MID. L ネイビーブルー HI-NMID-B-L
ARTISAN (2015-06-10)
売り上げランキング: 12,057
↑飛燕知らん間に在庫薄?(黒が軒並み1万円超え)
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply