にぺす

にぺす

1111ESRTDTR_2018071119421216e.png 
 アメリカのfinalmouseから発売された”ULTRALIGHT PHANTOM”という強そうな名前のマウスが手に入ったのでレビューしていきます。メーカーの名前といいマウスの名前といい、星の数あるエセゲーミングメーカー臭を感じなくはないがマウスレビューに定評のあるロケットジャンプ氏が名だたる名マウスを差し置いて1位に置いたので気になって買ってみた。

 特徴

・重量驚異の軽さ 約68g(我が家の重量計で測りました)
・ファントムコードという柔らかいコード
・かなり背が低い形状
・星屑のパターンは唯一無二
・中型超軽量左右対称マウス
・ホイールはとても軽く滑らかでデスアダーより軽い
・クリック感はRIVALに似ていてシッカリ系。そしてシッカリ戻る
・個人的な印象として掴み摘み持ちがオススメ
・センサーはPMW3360

 軽さは正義だった
 このマウスのコンセプトとして”軽ければ軽いほど良い”という考えから作られています。多くのマウスが100g付近から軽くて85g程度という重量が殆どの中、驚異の68gという軽さになってます。実際に持つだけでは然程の感動は正直ないですが、ゲームプレイでマウスを振る際に確かに楽。暫く使って元のマウスに戻すと確かに重量差があることをジワジワと実感します。特に手との接地面積が小さい持ち方である程この軽さの恩恵を受けるように感じます。
 軽ければいいという考えが全てのプレイヤーに当てはまるとは限りませんが、私は軽いほうが動き出しやストッピングのやりやすさが向上することと楽なことから軽さは正義だなと感じました。今後大幅なパーツ進化があってもプレイヤーがその進化を実感できるかは微妙な気もするので各メーカー軽量化に拘ってくれればなと思わされました。
 
 軽量化の穴に違和感は?
 1つ不安だったのが軽量化のために空けられた無数の穴、私の場合はかぶせ持ちなので違和感があるかもしれないという不安があった。実際に持ってみてプレイに関して違和感は全くなかった。マウスは一度握ってしまえばある程度固定して持ち続けるため触れる箇所が都度変化するということも基本的にはない。添える程度にしか触れないと思うので穴により保持に悪影響を与えるということは一切ないように思えます。

 存在を忘れるファントムコード
 まるで幻かのような存在を忘れるほど自由自在に動くコードも売りの1つになっています。しかしまぁ正直申し上げると柔らかいことには間違いないがDeathAdderより若干柔らかい程度の印象。確かに自分の知ってる中では一番柔らかいのですが、言い過ぎ感があるとは私は思ってしまいました。コードの煩わしさから無線にしてた方は期待に添えるかは正直なところ微妙に思える。が、コードの品質がとてもいいと思っているDA並に癖もつきにくくそれ以上に柔らかいのは素晴らしいことかと思います。コドーカバーが少し太めだが中の配線の太さは変わらずカバーだけがブカブカしてる。

 形状は左右対称で背が低い
IMG_1826[1] 
 背は見ての通りかなり低い。かぶせ持ちの場合は持ち方が変わってくる可能性もあるかもしれないほど他のマウスと比べてあからさまに低い。そのぶん掴みと摘み持ちなら指先以外の干渉がしにくくなるのでやりやすくなるかもしれない。サイドボタンの位置は問題ない位置にあります。
 左右対称あるあるとしてかぶせ持ちだと薬指と小指の座りが悪いという形状がチョイチョイある。このマウスも同様でかぶせ持ちの場合はその2本指の座る場所がないので、その感覚に重点をおいてる人は要確認かと思います。星屑デザインはラバーコート。それ以外はプラスチックです。ラバーのゴム具合はRIVALと同等か少しプラスチック寄りです。プラスチック部はZowieマウスに近い感じです。
 マウスパッドは特に選ばないと思うが軽量なのを活かして滑りにくい方が利点活かせる気がする。正直なところ個人的にG-SRが最高すぎて毎度恒例と化してしまったが、やはりG-SRがオススメ。
IMG_1827[1] IMG_1828[1]IMG_1829[1]IMG_1830[1]


 まとめ
 ハッキリ書くと多くの人への決定版と言うには値段もそうだが被せの相性の点で少し難しい。摘み持ちならかなりアリだと思うしこの軽さは大きいメリットに思えます。掴み持ちでも利点となるかと思いますが、被せ持ちの場合だと形状の相性がでそうな印象です。実重量が他と比べて25g程軽いにしてもかぶせ持ちの場合は手との接地面積も多いため、形状のフィット感でも体感重量は割と変わる気がするので他の持ち方より相性がでてしまいます。
 軽量化のために空けられた穴はデザイン面と機能面からのことですが、清掃箇所が多くなり穴の下には基盤が見えるので非使用時の埃対策や掃除は他マウスよりも意識することになるかと思います。ただ私にとって軽さは間違いなく正義だったので特に摘み持ちなら最高の選択肢の1つと言えると思います。かぶせ持ちに影を落とすような表現をしたけど被せ持ちの私が数時間のプレイで馴染んできました。マウスはなんやかんや馴染んでからが相性ですね。M1も最初は外したかなぁ~って思いましたが馴染んで今ではファントムとM1の2つで他を売り払おうと思います(DA RIVAL)。

 ちなみに外箱がちょっと洒落てる
IMG_1823[1]

BenQ ゲーミングマウスパッド Zowie G-SR 大サイズ/100%フルフラット仕上げ
ベンキュージャパン (2016-09-30)
売り上げランキング: 2,380
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply