にぺす

    にぺす

    以前紹介したBATTALION1944という かつてのCODファンがCODファンに向けて作った作品ですが記事を書いてから全く編集してなかったので触れたいと思います。尚以前このブログを観覧なさった方ならばわかるかもしれませんが色々と方針を変更しております。過去のブログを閉鎖して1からの開設で記事も全然追加できてませんが今後徐々にコンテンツを増やしていくつもりです。

    話を戻してバタリオンさんですが、既にやってません。
    公開初日にBATTALION1944のコミュニティーに入ったのですが、公開から一週間後にはインするプレイヤーは率にして2割程度以下にまで減少。現在は100人以上コミュニティにいたにも関わらず10人も起動しない状態で参加人数も徐々に減ってしまって(私も抜けましたが)、最終的に確認した人数が70名ほどになってしまってました。

    ようは日本での展開はかなり暗い見通しとなったわけです。

    内容はそんなに悪くありません。爆破ルールをまず前提に作っているのでTDMやDOMなどの別ルールに関してはバランスが全く調整されていません。つまりは遊ぶのなら爆破ルール以外はあまりにもネタすぎるような作りになってしまってる状態です。しかしアーリーアクセスという段階なので開発途上という意味で仕方のないことですが、もう少し遊べる段階にしてユーザーの固定に注力スべきだったかと個人的には思います。

    肝心の爆破ルールに関してですがストリークやパークがないCODのS&Dと思ってもらえるといいかと思います。兵科ピックのコストシステムは確かに面白いのですが、魅力に感じるほどの強みがない印象です。とても不運なゲームでして極めてタイミングが悪い公開で 結果的に日本での展開は厳しく、そもそもの全体ユーザーもかなり減ってしまってます。個人的な失敗要因としては以下

    ・初期の調整が杜撰でマッチに時間がかかりすぎる、そしてマッチできないことが大半。その状態で公開して少なからずユーザーを手放した。
    ・ASIAサーバーがないためユーザーが鯖を立てる必要があったが気軽にASIA鯖を遊べる環境にないためPing100以上が基本的になってしまい、プレイのラグの体感も大きくユーザーを多く手放した。
    ・開発初期はWW2時代でCODの限定回帰ということ、e-sportsの普及がかなり好調な時期ということでかなりの期待が集まったが、CODがWW2を出した上にできが良かったためバタリオンという選択肢がとても弱くなった。また爆破ルールで言えばCSGOやR6Sなど王道と個性の2タイトルに人気が集中してる時期で、加えてPUBGとモンハンとR6SとCODで話題が完全にかき消された。タイミングがこの上なく最悪に近かった。

    この3点が大打撃だったかと思います。面白いには面白いんですけど、これCODWW2でよくないか?と、どうして思わされてしまう印象があります。雰囲気ゲーでいいえばBF1に大半が軍配を上げるでしょう(バタリオンの画質はパフォーマンス最優先で綺麗とはとても言えないので)。私は今記事をもってバタリオンのプレイをやめますので今後再燃しない限りは扱うことはないかと思います。一応家庭用での展開もあるようですが、家庭用でもR6S OW COD BF新作 更にソコに加えてAmthemという個人的に少し気になってるソフトも控えてます。一度公開されてこの状態ですので内容が相当良くなってR6S並のジワ売れコースにでも乗らない限り厳しそうな予感です
    関連記事

    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply