にぺす

    にぺす

     この記事のジャンルは雑記になります。書きたいことはいっぱいあるんですが纏まらないので、とりあえず思ったことをちょくちょく書きつつ形になる記事を少しずつ作ろうかなと思います....と、書き始めたらこんな文量になっちゃった。明日御殿場アウトレットから帰ったらモンハンのマム狩り尽くすんだ....では本題

     皆さんの印象としてはCODBO4はどんな感想を持ったでしょうか?私は今後BO4にむけて徐々にFPS復帰しようかな?という程度の期待感は持ってます。あるいはBF5も一応控えてますので。それにらに備えるという形です。復帰するという方もいるでしょうし、モンハンやフォートナイトやR6SやDbDなどからの参入というのもあるかもしれません。とにかく早く出てほしいですね
    6cf547_fb1e4ddb2bfc43299ed2f0fb1992651d_2018081622311094f.png 

    今回はそれらに備える話です。
     
     目次
    1.BO4に備えるなら手堅く前作WW2で慣れよう
    2.FPS初心者の場合どうしたらいい?
    3.色んなゲーム興味あって周辺機器とか揃えたい


    1.BO4に備えるための前作

     まず早い話がCODの前作を買うのが最も無難で手堅いでしょう。しかし単純に系列前作となるCODBO3を本来勧めたいところですが、上下の動きが多すぎて無駄な動きを覚えなくてはなりません。あくまでBO4は今までのクラシカルな地上戦に能力を付加したスパイス程度の未来感であってピョンピョン飛び回るわけではありません。今作ベータ段階でジャンプをあからさまに低く変更してきたのも素直に未来戦過去作の批判を受けてだと思います。もしくはBO3やIW、AWのマウサーが宙に浮き続けてパッドでは勝負にならない三倍段現象のごとき惨状を見てかもしれません。どちらにしろ今作もWW2で好評だった素直な地上戦で混乱を引き起こすような武器も追加してこないような気がします。話が長くなりましたが備えるために前作をならし運転するならWW2が無難でしょう。
    c30b5bc2.jpg 
     本来ならばBO3を進めるところですが空中戦云々の動きや活用や対策、それらのマップの使い方やエイム云々覚えないとマウサーや居残ってる熟練者に対抗できないのです。単純に効率が悪すぎます。スペシャリスト云々の面は確かに練習できますが、クラシカルなCODに照準を合わせるならWW2の方が無難でしょう。ちなみに私はBO3めっちゃ下手。下手過ぎて記事書く立場がどうなんだこれって思うくらいです(そのせいで更新ためらってる)。下にリンク貼りますがAmazonのゲームソフトのレビューに関しては大半がゴミ同然なのでアテにしないほうが良いです。
    【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII 【CEROレーティング「Z」】
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017-11-03)
    売り上げランキング: 233
    ただ、私自身もこのゲームを絶賛するわけではありません。つなぎとしてプレイしてBO4直前で売却するのが良いかと思います。記事編集時にAmazon中古品の相場が約4000円程度。CODシリーズは買い取りが大幅下落を急にするということも少ないのでゴミのような値段の付き方になるようなこともないでしょう。結局はBO4と別作品なので本気でやる必要はありません。感度合わせや移動やモーションの挙動慣れという程度で良いかと思います。


    2.FPS初心者の場合どうしたらいい?

     コレに関してはもう何年も何年も考えてきた題材ですが最近自分自身もFPSというジャンルから離れてたので自分自身も近い状態にはあります。ベータ段階で何も出来なかった人もいるかと思いますが、見た感じ1ヶ月でキルとデスの比が1.00を超えられるかどうかは半々の割合です。ベータの3日を二週した程度でどうにかなるわけありませんので心配いりません。そういう初心者の場合も前作をプレイして慣らすという点は代わりありません。現状マルチも踏まえて最も練習しやすいのもWW2でしょう。細かい技術的なことに関して触れ始めると文量が凄いことになるので割愛します。ちなみに全プレイヤー平均のK/Dというのは1.00ではなく0.83とかそんな感じだったと思います(自滅やらのKIA)。これは蘇生が存在するBF4での話なので蘇生のないCODでは時間が経てば立つほど全プレイヤーKDは徐々に下がり続けることにはなりますが、とにかく平均は1.00未満

     初心者がやることを端的に言うならば

     まず、キャンペーンをクリアする。元々未来戦であるIW、AW、BO2、BO3はキャンペーンのストーリーそのものが不評といいますか、物凄く毛嫌いされてます。IWとAWは個人的に普通に遊べましたが結局現代や過去作の方が無難に良い出来(多くの人が楽しみやすい気がする出来)です。話をそれなりに楽しみつつ大まかな動きや操作を学ぶという点ではキャンペーンはやはり最適です。ですが難易度を最大にしてもマルチプレイとは動きが全く違うのでマルチプレイ自体の練習には全くなりません。あくまでジャンルに慣れるためのチュートリアルをストーリーやりながらこなすという程度のものです。

     次にひたすらBOT戦をする。前作を買って備える初心者の場合はこれが主になるかもしれませんが、初心者がキルとデスの比を1.00程度狙えるようにする最低限の技術レベルが最高難易度BOTに勝てる程度だと思います。TDM、FFA、DOMの3ルールで安定して勝利して1位獲得が初心者の目指すべき第一歩だと思います。もちろんここまでの過程にいろんな技術的なことや索敵などを覚えることになります。そのへんは別の記事で書きます。

     BOTに勝てたところで実際マルチプレイで通用するかと言うと通用しません。つまりこの手順は最高効率ではないのですが、誰でも手軽に踏める無難な手順としてはここからマルチプレイに慣れていき、レベルアップしていくという流れになります。
     最高効率は教えてもらいながらとっととマルチプレイに揉まれることですが、教えられる人と教えてもらえる環境を揃えるのが中々現実的に厳しい問題があります。なので講座的な内容の記事や動画をみるとかになるんですが大半役に立ちません。吟味する必要がありますがそれは初心者に判断できないという具合です。1人でマルチ突っ込む方法で順調に最高効率で上手くなるのはほんの一部でしょう。かなりメンタル的にきつく高効率にもなりづらい方法です。元々書いている方法ならば一人でも上達が実感しやすく、仮に役に立たない講座でも試しやすいので誰でもやりやすく、戦場のレベル大体毎回一緒なので自分のレベルを把握しやすいというやりやすさがあります。ということで1人でやる方法としては無難だと考えています。


    3.色んなゲームに興味あるから周辺機器を考える

     周辺機器は重要ですが課金に近い部分でもあります。単純に楽しむだけならば不要ですので多少の効率化へ投資するという考え方になります。購入すれば無条件で強くなるのではなく材料的に自分を有利におけるという感じです。ただ、効率化....つまり強くなろうとするならばある程度の周辺機器は揃えたほうが良いです

    ①イヤホンorヘッドホンorヘッドセット
     ボイスチャット云々は今回書きませんが最も導入しやすく効果が絶大なのはスピーカーをやめること。スピーカーを使うのは効率面で基本マイナスしかありません。しゃべる際にもスピーカーだと相手に迷惑です。マイク云々の問題はありますが、まずはスピーカーをやめることからなので普通のイヤホンでいいので使用するようにしましょう。足音や銃撃を聞き取りやすい、しゃべる際の雑音防止
    、音の方向把握という3つのスピーカー欠点を一発で解決します。ヘッドセット云々はまた別の記事になりますが、とりあえず使える安いラインでいくと一例がコレ。買い換えるようになったらメルカリなり何なりで売ってしまえばいい。めっちゃ光ってるけど それはご愛嬌

    ②低遅延モニターor低遅延TV
     簡単な表現で言えばゲーミングモニターなわけですが、低遅延なTVであってもいいです。ここらへん知識不足な人がとても多いので注意が必要ですが液晶TVでもゲーミングモニターと同等の低遅延はとっくに実現してます。またネイティブ高Hzという点も対応TVありますのでゲーミングモニター一択というは情報に乏しい人の選択です。ただFPSを効率的にプレイするならば結局ゲーミングモニターに落ち着くというのは間違いないですが、用途別に買う余裕があるならばモニターでは実現できない4Kを真に活かせる40インチ以上の大画面は液晶TVが圧倒的コスパです。コレ以上の説明は長くなるので割愛します。ゲーミングモニターの利点は暗い場所を見やすくする映像美とは逆の機能になってきますが細かい点は割愛。
     で、低遅延モニターやTVにすると何がいいかって話ですが単純に表示されるまでのタイムラグが早くなるという利点があります。踏み込んでの説明もこれまた割愛しますが反応が早くなる、操作感が向上するという二点が大まかな特徴です。パンフレットやゲーミングモニターについて調べれば反応速度が上がる程度の情報は検索すれば一発で出てくると思います。操作性云々は中々でてこないですが
     注意すべきはPCでプレイする場合は対応Hz(fps)という表示する一秒間のコマ数が120Hz以上に対応させておきたいという部分です。家庭用ゲーム機の場合は60Hzが限界なので何も考える必要はないです。ゲーミングPCを将来的に買う可能性があるのなら120Hz以上、ないのなら適当なゲーミングモニターを買いましょう。PCを想定しない場合の安い一例がコチラ
    モニター市場はかなりころころ変わるので難しいところで、王道のBenQを始め、ASUS、LG、iiyama、Acer、Dell、IOdateそしてEIZOなどあります。編集時のコスパを最優先したものがコチラになります。BenQからは同じ価格帯で遅延2msがあるので悩みどころですが1msにしておけば万が一の後悔もないでしょう。ASUSからも1msでてまして非常に悩みどころです。それでも一例ということで1つに無理やり絞りました。家庭用ゲーム機で必要っかつ活かせる機能を全て積んで15000円を切るコスパ爆発の一品。他よりも優秀とした点は暗いところを見やすくする機能です。コレがあるとまぁまぁ違います。いやぁ~コスパの鬼ですねこのモニター。スペックだけで見るぶんにはコスパで敵うモニターほぼないです、

    ③マウサー()
     初心者が買ったところでだな とも思うし いずれマウスになる可能性あるなら最初からやっちまえ感もある。正直強化パッドはコスパ悪すぎるし
    関連記事

    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply